So-net無料ブログ作成

アラビアのロレンス [映画 Movie]

アレック・ギネスも、アンソニー・クインも、もちろんモーリス・ジャールも、そしてデヴィッド・リーンも、そして最終的にはピーター・オトゥールが亡き人となった今において、それこそオマー・シャリフしか、もう主要登場人物が生存していない、という現在においてもなお、やはりアラビアのロレンスは歴史上屈指の史上最高とも言う事のできる最高峰の芸術である、と断言できる。

アラビアのロレンスにおいて、一番の名場面はどこか?という質問をされたら、ほとんどの人は、シェリフ・アリの登場シーン、あるいはロレンスのガシム救出シーン(もちろんダウードとロレンスのあの邂逅の場面)を、またはトルコ兵を虐殺する、あのNo Prizners!の場面、さらにはアカバ攻略の場面をあげるだろう。

そこであえて僕は言っておきたい。皆が忘れている、アラビアのロレンスの屈指の、歴史に残る名場面。それはシェリフ・アリとロレンスの最後の別れの場面。そこからアウダ・アブ・タイとアリの完全なる決別、その場面こそは、ロレンスとダウードのあの広大な砂漠を背にしてすれ違うロングショットに勝るとも劣らない、価値のある場面なのだ。

Auda : "He is your friend ?"
Ali : "Take your hand away!""
Auda : "You love him"
Ali : "I fear him"
Auda : "Then why do you weep?"
Ali : "If I fear him, who love him… how must he fear himself, who hates himself?….
Take your hand away !!!! howeitat!!!!"
Auda : "So you are not yet entirely politician."
Ali : "Not yet!"
Auda : "Well, these are new tricks, and I am an old dog.
And Allah be thanked!! I 'll tell thee what….
…being an Arab will be thornier than you suppose, Harith!!!!"

この場面の完全な音楽性、リズム感。すべての動きがまるでバレエのような完璧さを誇っている。この場面はアリとアウダの完全な決別を意味し、この場面こそがロレンスの夢が潰えたことを象徴しているのだ。そして気づいただろうか?この闇に消えてゆくアリという映像は、アリの蜃気楼のように登場したあの場面と対になっている、ということを。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

ずん太

はじめまして。
アラビアのロレンスは最近ブルーレイを購入、久しぶりに観ました。
ロレンスとアリの別れの場面の切なさと言ったら、昔見た時よりもずしんと来ました。
実はお互い相手に未練たらたら(?)、しかし色んな意味でもう一緒に生きていくことは出来ないんですよね(涙)
by ずん太 (2014-09-14 01:16) 

fuyu

はじめまして。
名場面ですよね。本当に。僕も久しぶりにアラビアのロレンスを観たのですが、この別れの場面での、訣別と、失意の印象が強いので、陸軍病院での惨状視察の場面が、その後ではなく、その前に置かれているものかと記憶違いを起こしていたぐらいです。つくづくこのアラビアのロレンスは映画の中の映画だな、って思います。
by fuyu (2014-09-15 22:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0