So-net無料ブログ作成
検索選択

【映画のロケ地訪問】ビクスビー・クリーク・ブリッジ 『恐怖のメロディ』 [映画ロケ地訪問 Filming Location]

サンフランシスコには2泊して、3日目の朝早く、サンフランシスコを出発した。坂を走りたくなかったのだが、ガソリンを入れなければならず、最初に入ったガソリンスタンドのすべての給油機が故障しているという幸先悪いスタートとなり、結局、奇しくも再びロンバート・ストリートの方のガソリンスタンドに行くことになり、あれだけ避けていた急斜面を昇り降りする羽目になったのである。

結局8時頃に給油でき、次の目的地へと向かった。目的地へと向かったというより、そもそも今日の目的はドライブ自体が目的なのである。それは世界屈指の風光明媚なドライブコースであるパシフィック・コースト・ハイウェイを走ることになるからだ。

どのようにPCHに行けば良いのだろうと、思ったが、何の迷いもなく簡単にたどり着くことができた。PCHに入ってからのドライブは、BGMを『いつも2人で』をせざるを得ないほど素晴らしい景観で、山に、海に、陽光に、霧に、と豊かな自然の千変万化が次々と過ぎていくスペクタクルであった。

モントレーを過ぎた時、妻が隣でなにやら道を変えろ、だのなんだの言っているが、こんな素晴らしいドライブコースを降りるわけにもいかず、僕は車を走らせた。そしてふと、そういえばモントレーと言えば、『恐怖のメロディ』のロケ地ではなかったか、と思ってみたのだ。目的地のサン・シメオンまでには必ずビッグ・サーを通る。

今回の旅行で目的地としては考えておらず、できれば行きたいなぐらいに思っていたのが、ビッグ・サーにある橋だ。何で見たのだろうか?1年、2年前、WEBで調べたのか、本で見たのか、ビッグ・サーにある、芸術品のような様相を見せるクラシカルな橋を、僕はいつか見れたらと思っていたのだ。

1年ぐらい前に、会社のアメリカ人の同僚と昼食をとった時、「アメリカでどこに行きたいか」と聞かれ、「サンフランシスコに行きたい」といい、僕は付け加えて「ビッグ・サーにも行きたい」と答えた。発音が悪く、聞き返され、もう一人の同僚が「ビッグ・サーに行きたいんだって」と説明していた。僕はその時、ビッグ・サーとは橋の名前かと思っていたのだ。

僕の英語力はあれ以来、何の進歩もない。しかし、相変わらず運転は下手とはいえ、とうとうモントレー近郊のPCHまで来れるほど成長したではないか。2年前の記事で、僕は『恐怖のメロディ』のロケ地に行くことをあきらめているのだ。

http://blog.so-net.ne.jp/fuyublog/2015-01-05-1

道中、ときたま携帯でナビをチェックしている妻が、たまに「道を変えた方が良い」ということを言う。しかしこのまままっすぐ行けばあの橋があるかもしれない。迷わずPCHを突き進む。

そしてとうとうたどり着いたのだ。僕は最初この橋が、高名な橋なのかと思った。これはロッキー・クリーク・ブリッジ。この橋も非常に壮麗かつ歴史あるものだ。1931年に建てられている。だからこそ僕はこれで満足していたのである。
IMG_3989.JPG

僕はこれだけで満足し、またサン・シメオンを目指し走り出した。少し走っただけで、驚くべきことに、ロッキー・クリーク・ブリッジと同じ姿で、もっと大きな橋が現れた。こちらがあの有名なビクスビー・クリーク・ブリッジなのだ。

IMG_3989.JPG
IMG_3967.JPG
IMG_3952.JPG

妻と子どもは、二度も車から降りて、似たような橋は見たくない、とのことで、僕だけ降りて写真を撮った。

ここは『恐怖のメロディ』で、クリント・イーストウッドがドライブをするときにもしっかりと映っていた。イーストウッドは北上し、モントレーへ向かう。

僕は満足し再びサンシメオンへと急いだ。途中のガソリンスタンドでガソリンを入れ、リップルウッド・リゾートというレストランがあったのでそこで食事を取った。十二分に満足し、再びドライブを続けた。そしてたどり着いたのだ。

行き止まりに。

妻からは何度も、ほら見ろ、何度も言ったじゃないか、となじられ、僕たち一家は、今来た道を、なとモントレーまで戻るはめになった。

後で調べたら、ビッグ・サーにあるプフェイファー・ブリッジというの橋が嵐でダメージを受け、現在修復中なのだ。地元では有名な話なのだろう。英語もわからず、ニュースも読んでいない、僕は全く知らなかった。



この橋が修復されるのは2017年9月とのこと。それまでPCHは途中で通行止めということだ。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。