So-net無料ブログ作成

【映画のロケ地訪問】Portfino Inn 『キャノンボール』 [映画ロケ地訪問 Filming Location]

『キャノンボール』をちゃんと観たことがないにも関わらず、このブログでも過去に、何度か記述した。何が言いたいのか、僕にとって『キャノンボール』はパックス・アメリカーナを象徴するものの一つなのだ。トーランス近郊に、映画のロケ地がないか、ということは何度も調べているのだが、いままで『キャノンボール』のことは漏れていた。なんと『キャノンボール』のゴールシーンは、レドンドビーチである。

ということで意図せずに、土曜日は『デス・レース2000』と『キャノンボール』の二つの映画のゴールを訪問する、ということになった。

映画で映る、守衛さんがいる場所。
IMG_4153.JPG

おそらくここ。これはポートフィノ・インの入り口。雰囲気は同じだが、作り直されている。僕が行ったとき、女性の守衛さんが立ちはだかっていたのだが、もちろん僕は、映画のように強引に進入などせず、右折して$7払って駐車しました。
IMG_4148.JPG

これがポートフィノ・イン。『キャノンボール』のゴールで使われたホテル。
IMG_4150.JPG

ここにすでに故人であるロジャー・ムーア、ディーン・マーチン、サミー・デイビス・ジュニア、ファラー・フォーセットが立っていたのである。
IMG_4144.JPG

後ろに見える煙突は、AES発電所のもの。以前の記事で、トランスフォーマーのロケ地で紹介したものと同じ。映画で見える煙突の方が数が多く見えるのですが。。。規模を縮小したのでしょうか?
IMG_4152.JPG
IMG_4151.JPG

調べてみると、確かに本数が減っていることが分かる。これは地元の歴史を調べるといつも有益な情報を提供してくれるデイリー・ブリーズの記事。1990年の段階で煙突は8本。その後撤去されて、現在は5本です。『キャノンボール』の時は8本あったんですね。
http://blogs.dailybreeze.com/history/2011/10/05/redondo-beachs-power-plant/

ポートフィノ・インのエントランス、と『キャノンボール』のエンディングで映る上空からのショット。
IMG_4149.JPG
IMG_4145.JPG

さて、なんか建物が違うな、と気づくわけです。そこでポートフィノ・インについて調べると、非常に興味深い事実、歴史がたくさん出てくる。まず、長年の疑問として僕が思っていたことが解決した。そもそも僕は大学生ぐらいのころ『激走!5000km』という映画のパンフレットを手に入れ、その原題が『Gunball Rally』であることを知る。そのとき僕は「なんだ、『キャノンボール』は、この『激走!5000km』のパクリだったのかな」と思ったのだが、違うのだ。そもそも、『キャノンボール』の元ネタで、実は映画は、たくさん作られている。まず1976年に『爆走!キャノンボール』という映画、これはなんとデヴィッド・キャラダイン主演で『デス・レース2000』と同じ監督が作っている。そして同じ年に『激走!5000km』が作られる。そしてその後、『キャノンボール』『キャノンボール2』が作られるのだ。

これらは剽窃とかそのようなことではなく、ある一つの史実を元にしている。それは1970年代に5回行われた、東海岸から西海岸までの非公式のレース、Cannonball Baker Sea-To-Shining-Sea Memorial Trophy Dash である。ゴールに選ばれたのが映画『キャノンボール』と同じく、レドンドビーチのポートフィノ・インなのだ。さらに面白い史実がある、このレースの開催に、かかわったのかどうか分からないが、Mary Davisという人だ。この人はポートフィノ・インのオーナーになるのだが、それ以前は女性のレーシング・ドライバーとして成功した人であった。

http://blogs.dailybreeze.com/history/2013/11/16/mary-davis-and-the-portofino-inn-in-redondo-beach/?doing_wp_cron=1497148893.2964959144592285156250

デイリー・ブリーズの記事によると、積極的に開催したというよりも、開催を認めていた、という感じなのだろう。元女性のプロレーサーがオーナーのホテルが、キャノンボール・レースのゴールに選ばれることは、どう考えても偶然ではない。

その後メアリー・デイヴィスはホテルを売却、彼女にとっては幸いだったのが、二年後にホテルは嵐で打撃を受け大きく損壊してしまう。その結果、『キャノンボール』で見られる外観と、現在の外観が違うということにつながる。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0