So-net無料ブログ作成
検索選択

今日、手に入れたレコード [音楽 Music]

いつも土曜日を充実させると、疲れてしまって日曜日はのんびりしてしまう。いつもの繰り返しだ。難しいのだが、人生とは、休息と活動の絶妙なバランスが必要なのだ。人は、人生において1/3を睡眠に費やしていると聞くと、なんと損をしているのか、と思うが、1/3を睡眠に費やせない、休息に費やせない人生こそが、損をしている人生なのだ。

ということで、今日はなんとものんびりしてしまったのだが、お昼少しすぎに、サンペドロに行って、レコードだけ買ってきた。買うことに決めた順に記載しよう。

まずコレクター向けのおもちゃばかりを所狭しと並べているJ.D Hobbiesという面白いお店。ここにもレコードが結構あるのだ。そこでまず見つけたのが、

1.FIRE DOWN UNDER /RIOT
IMG_4163.JPG
不思議と状態がきれいなのに、妙に安い。ここのオーナーは、かなりロックには詳しいはずで、実際、ロック関係の名盤は大概、高値がつけられている。でもこのアルバムだけ、廉価盤のコーナーで安値になっていた。Riotは日本における人気に対して、アメリカでは知名度が落ちるだろう、そこでジャケットのB級感も相俟って、安値コーナーに置かれてしまったのか。もちろん歴史に残る名盤。高校生の頃、このレコードを見つけたら、おそらく泣くほど喜んだ。手に入れられずカセットテープでしか手にはいらなかったのだ。

2.FOOTSTEPS ON THE MOON
IMG_4164.JPG
これは面白いレコードで、アポロ11号オの月面着陸時のニュースや音声をまとめたもの。もう状態がひどく、いま聞いているが、壊滅的に音飛びがする。ジャケットもボロボロで、水に濡れてガビガビになっている。僕が期待したのは、当時、デヴィッド・ボウイのスペース・オディティをBGMに繰り返し月面着陸が放送された、と聞いている、それを聴きたいのだ。しかしこれまでのところその予兆はなし、なぜかワーグナーのさまよえるオランダ人がところどころかかる。

さて、僕は以上2枚をもってレジに行ったのだが、レジの人がこういう「2枚買ったら、1枚タダだよ」。それなら、と思い、またレコードを物色して、これを選んだ。

3.YOUNG AT HEART/DORIS DAY
IMG_4165.JPG
裏ジャケット。
IMG_4166.JPG
位置づけは分からないのだが、海賊盤のような装いで(だからこそ購買欲を刺激されるのだが)、ドリス・デイの二つの映画のサウンドトラックで、音源は正規のものらしい。『4月のパリ』、『ヤング・アット・ハート』というドリス・デイの初期の1950年代の映画が二つ収められている。

さてこの2枚買ったら1枚ただ。というシステム。どこかでもあったな、と最初日本のどこかのお店化と思ったが、思い出した、トーランスにあって、今はなくなってしまったFYEというところだ。近くで中古が手に入るのでよく使っていた。

このシステム実はうまくできていて、安くなるのは、一番安いものと決まっている。上の3枚、どれがタダになったかわかるだろうか。なんと真っ先に買おうと決めたRIOTなのである。本当にこのシステムはうまくできているな、と思う次第だ。

さて、次はJDCレコードに行った。最初、あまりめぼしいものがなかったのだが、新着コーナーですべてみつけたものを購入することにした。

4.WIRED FOR SOUND/MARTY GOLD
IMG_4167.JPG
完全にジャケ買い。スペース・エイジに分類されるジャケットだそうです。音楽はイージー・リスニング、ラウンジ・ミュージックというもの。なかなか良いです。

5.FULL MOON/KRIS KRISTOFFERSON&RITA COOLIDGE
IMG_4168.JPG
リタ・クーリッジのアルバムも何枚かあって、買おうかなと思ったのだが、オール・タイム・ハイが収録されていないので、新着コーナーでみつけた持っていないクリス・クリストファーソン(うーん、シヴィル・シェパードは、クリストーファソンって発音してるんだよな...)とリタ・クーリッジのアルバム。これも半分ジャケ買いですが。非常にいいですね。アルバムを通して、ゆったりとした感じの曲が続きます。リタ・クーリッジの、他のソロ・アルバムに近いような感じです。あらためてリタ・クーリッジのことを調べていたら、日本人と再婚していることを知りましは。さらに面白いのはクリス・クリストファーソンの長男が日本人の女優、春名愛海と結婚している。

6.GAMMA1/GAMMA
IMG_4169.JPG
ジャケ買い。というかこのジャケットもガンマというバンドも知っていたが、いままで聞いたことがなかった。非常に良質のハードロックでした。実は、廉価版のコーナーではなく、モントローズのアルバムも手に取って買おうかな、と悩んだのだ。僕はガンマはプログレのバンドかな、と思って買ったら、なんとロニー・モントローズがモントローズ結成前に参加していたバンドとのこと。今度はモントローズを買います。

7.PICTURES FOR PRESURES/Charile Sexton
IMG_4170.JPG
ビーツ・ソー・ロンリーはリアルタイムで知っているが、当時もアルバムを手に入れなかった。当時、すでにコアなヘヴィ・メタル・ファンであった僕には、「チャリ坊」などと呼ばれ、日本の同じようなテイストのバンドが評価しているようなチャーリー・セクストンを倦厭したのだ。ああ、もったいない。いま最初の1曲目が終わったが、とてつもなく格好いい。当時、ちゃんと聞いていれば、今、もっと思い出とともに聞くことができただろう。いやいや、いま3曲目になったが、今、新しく聴いたアルバムとして十分に聴く価値を含んでいる。ディスクユニオンで、紙ジャケCDを見つけるたびに買おうかな、と思っていたが、とうとうレコードを手に入れました。名盤。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0