So-net無料ブログ作成
検索選択

今日買ったレコード [音楽 Music]

前に紹介した、アルティザン・パテオにあるアズ・ザ・レコード・ターンズに行ってきた。買いたいものはもともと決まっていて、駐車する時間も1時間だけだったので、すぐに買いたいものを見つけて、さらに店主に、もしあればと思って「『めまい』のサントラはありますか?」と尋ねたら、『めまい』そのものはないにしても、ヒッチコック関係のサントラ、バーナード・ハーマンのオムニバスなど、とにかく希少なレコードをいくつも出してきてくれた。もし買うものが決まっていなければ、そのすべてを手に入れたいような面白いものばかりだったが、買いたいものがすでに高額のものだったのであきらめて、最初に買おうと決めていた2枚だけにした。ここの店主は本当に博識で、本物の目利きだ。珍しいレコードを手に入れたければ、このお店が一番だ。

さて僕が買おうと決めていた2枚は後に紹介するにして、なんとレジに持っていったら、隣の箱に、購入した人には1枚フリーというコーナーがあり、そこからタダでもらえたのだ。しかも今回2枚高いものを買ったせいで、お店の人から「2枚持って行っていいよ」と言われて、次の2枚を思いがけず追加で手に入れたのだ。

1.GIGI
この映画はよく目にするのだが、邦題すら記憶がつながっていなかった。『恋の手ほどき』が邦題。これは本当に映画のサントラなのだろうか。有名なジャケットとも違うし。簡単に調べたら、もともとのオリジナルの映画サントラはアンドレ・プレヴィンが指揮して、モーリス・シュヴァリエ、レスリー・キャロンといった人が歌ったのが、こちらはデニス・ファーノンの指揮で、ゴーギー・グラント、トニー・マーティンといった人が歌っています。この盤はおそらく世の中から忘れられていると思いますが非常にいい演奏です。
IMG_4474.JPG

2.4つの最後の歌/リヒャルト・シュトラウス/ルチア・ポップ
もう一つ選ぼうと思ったら、クラシックのアルバムがあったのでそれを選んだ。リヒャルト・シュトラウスの「4つの最後の歌」は非常に評価が高く、今までにも特にエリザベート・シュヴァルツコップの盤や、ジェシー・ノーマンの盤を聴いてみたが、いまだに旋律を覚えられないほど、聞いていないし好きにもなっていない。今回も実はカップリング曲が、自分の好きな「死と変容」だったからだ。まず僕が驚いたのはクラウス・テンシュテットは比較的最近の指揮者だったんだな、ということだ、僕はその名前の響きから、それこそトスカニーニやビーチャムといった世代かと思ったら、1980年代のこの録音で映っているテンシュテットの容姿はずいぶん若い。そして驚いたもう一つの印象は、僕が一番好きな『死と変容』の演奏であるリヒャルト・シュトラウスの自作自演版に、似た印象を受けたということだ。
IMG_4475.JPG

3.『いつも2人で』
買おうと思っていたサントラの一つがこれ。前回行ったときにあることは知っていたのだ。あらためて購入したのは、やはり先日のサンフランシスコの旅行による影響だ。
IMG_4476.JPG

4.『ピラニア』
これが買おうと思っていたサントラ。これは希少だろうと思って欲しくなったのだ。$65もした。『ピラニア』は映画自体も見ていない。一時期、日本でDVDにプレミアがついてから、手に入れたくて仕方がなかった時期もあったが、現在では再発されているし、アメリカでも簡単に手に入る。そのうち見てみよう。
IMG_4478.JPG

さて4枚手に入れて、2枚はただ。合計で$100近く払った。でも1枚あたり$25と考えたら、ずいぶん得した気もする。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0