So-net無料ブログ作成

【映画のロケ地訪問】ハースト・キャッスル 『市民ケーン』(ザナドゥのモデル) [映画ロケ地訪問 Filming Location]

とうとう僕の旅行の最後の日となった。ハースト・キャッスルに予定通り3日目の夕方に行けなかったことは書いたとおり。朝早く、妻と子が泊まったINNの朝食を食べている時に、僕は一人で車を走らせ、ハースト・キャッスルへと急いだ。可能ならば今日見せてもらえないかと頼むためである。チケット売り場に行くと、いとも簡単にこちらの都合通りの時間に変更してもらえた。もともと旅行の最終日は、妻の希望でピスモ・ビーチでクラム・チャウダーを食べる、ということだけだったので、昨日、ビクスビー・クリーク・ブリッジに行ったことで、それぞれの日に旅行の目玉を設けることができたではないか。

ハースト・キャッスルが『市民ケーン』のロケ地でないことは知っている(http://blog.so-net.ne.jp/fuyublog/2016-06-05)。ロケ地として紹介するのならば、キューブリックの『スパルタカス』だろう。しかし『スパルタカス』を観たことがない、という個人的な事情を差し置いても、僕はこのハースト・キャッスルを『市民ケーン』のザナドゥのモデルとして紹介する欲求を退けられない。

家族の泊まるINNに戻り、急いで朝食を食べたあと、再度ハースト・キャッスルへと急いだ。ビジター・センターからバスに乗り、曲がりくねる山道で城を目指した。

これが本物のザナドゥである。
IMG_3948.JPG
IMG_3950.JPG

ツアーでは、ガイドがひとつひとつのグループにつく。僕が参加したコースはオーソドックスな応接間、ダイニング、遊戯室を回るもの。有名なネプチューン・プールと、インドア・プールは自由に見学ができる。
IMG_3949.JPG
IMG_3951.JPG
これが王侯貴族ではなく、一私人の邸宅なのだから恐れ入る。

IMG_3968.JPG

これはダイニング。しかし説明を聞いていると、少しひっかかるのが、この城の装飾は例えばイタリアなどから運んできた、別の邸宅や、教会を飾っていたものを再利用しているのだ。この城のために作られた装飾ではないというところが、何か興ざめするところがある。
IMG_3966.JPG
IMG_3965.JPG

どこがもっとも印象に残ったかと聞かれれば、僕は間違いなく、テニスコートと答える。
IMG_3964.JPG

この動画で21分10秒ぐらいのところ。ここでチャップリンがテニスをしたのである。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【映画のロケ地訪問】ビクスビー・クリーク・ブリッジ 『恐怖のメロディ』 [映画ロケ地訪問 Filming Location]

サンフランシスコには2泊して、3日目の朝早く、サンフランシスコを出発した。坂を走りたくなかったのだが、ガソリンを入れなければならず、最初に入ったガソリンスタンドのすべての給油機が故障しているという幸先悪いスタートとなり、結局、奇しくも再びロンバート・ストリートの方のガソリンスタンドに行くことになり、あれだけ避けていた急斜面を昇り降りする羽目になったのである。

結局8時頃に給油でき、次の目的地へと向かった。目的地へと向かったというより、そもそも今日の目的はドライブ自体が目的なのである。それは世界屈指の風光明媚なドライブコースであるパシフィック・コースト・ハイウェイを走ることになるからだ。

どのようにPCHに行けば良いのだろうと、思ったが、何の迷いもなく簡単にたどり着くことができた。PCHに入ってからのドライブは、BGMを『いつも2人で』をせざるを得ないほど素晴らしい景観で、山に、海に、陽光に、霧に、と豊かな自然の千変万化が次々と過ぎていくスペクタクルであった。

モントレーを過ぎた時、妻が隣でなにやら道を変えろ、だのなんだの言っているが、こんな素晴らしいドライブコースを降りるわけにもいかず、僕は車を走らせた。そしてふと、そういえばモントレーと言えば、『恐怖のメロディ』のロケ地ではなかったか、と思ってみたのだ。目的地のサン・シメオンまでには必ずビッグ・サーを通る。

今回の旅行で目的地としては考えておらず、できれば行きたいなぐらいに思っていたのが、ビッグ・サーにある橋だ。何で見たのだろうか?1年、2年前、WEBで調べたのか、本で見たのか、ビッグ・サーにある、芸術品のような様相を見せるクラシカルな橋を、僕はいつか見れたらと思っていたのだ。

1年ぐらい前に、会社のアメリカ人の同僚と昼食をとった時、「アメリカでどこに行きたいか」と聞かれ、「サンフランシスコに行きたい」といい、僕は付け加えて「ビッグ・サーにも行きたい」と答えた。発音が悪く、聞き返され、もう一人の同僚が「ビッグ・サーに行きたいんだって」と説明していた。僕はその時、ビッグ・サーとは橋の名前かと思っていたのだ。

僕の英語力はあれ以来、何の進歩もない。しかし、相変わらず運転は下手とはいえ、とうとうモントレー近郊のPCHまで来れるほど成長したではないか。2年前の記事で、僕は『恐怖のメロディ』のロケ地に行くことをあきらめているのだ。

http://blog.so-net.ne.jp/fuyublog/2015-01-05-1

道中、ときたま携帯でナビをチェックしている妻が、たまに「道を変えた方が良い」ということを言う。しかしこのまままっすぐ行けばあの橋があるかもしれない。迷わずPCHを突き進む。

そしてとうとうたどり着いたのだ。僕は最初この橋が、高名な橋なのかと思った。これはロッキー・クリーク・ブリッジ。この橋も非常に壮麗かつ歴史あるものだ。1931年に建てられている。だからこそ僕はこれで満足していたのである。
IMG_3989.JPG

僕はこれだけで満足し、またサン・シメオンを目指し走り出した。少し走っただけで、驚くべきことに、ロッキー・クリーク・ブリッジと同じ姿で、もっと大きな橋が現れた。こちらがあの有名なビクスビー・クリーク・ブリッジなのだ。

IMG_3967.JPG
IMG_3952.JPG

妻と子どもは、二度も車から降りて、似たような橋は見たくない、とのことで、僕だけ降りて写真を撮った。

ここは『恐怖のメロディ』で、クリント・イーストウッドがドライブをするときにもしっかりと映っていた。イーストウッドは北上し、モントレーへ向かう。
IMG_4512.JPG

僕は満足し再びサンシメオンへと急いだ。途中のガソリンスタンドでガソリンを入れ、リップルウッド・リゾートというレストランがあったのでそこで食事を取った。十二分に満足し、再びドライブを続けた。そしてたどり着いたのだ。

行き止まりに。

妻からは何度も、ほら見ろ、何度も言ったじゃないか、となじられ、僕たち一家は、今来た道を、なとモントレーまで戻るはめになった。

後で調べたら、ビッグ・サーにあるプフェイファー・ブリッジというの橋が嵐でダメージを受け、現在修復中なのだ。地元では有名な話なのだろう。英語もわからず、ニュースも読んでいない、僕は全く知らなかった。



この橋が修復されるのは2017年9月とのこと。それまでPCHは途中で通行止めということだ。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【映画のロケ地訪問】ゴールデン・ゲート・ブリッジ フォート・ポイント『めまい』 [映画ロケ地訪問 Filming Location]

リージョン・オブ・オナーの美術館は絵画をじっくり鑑賞することもなく、時間に急かされて、次の目的地へと急いだ。このような慌ただしく移動し、物事の真価を味わうこともなく上澄みだけを掠め取るようなことも、僕には『いつも2人で』のあの忙しい二つの家族を思い出させ、「旅行らしくていいな」と思えるのであった。

サンフランシスコでの映画のロケ地訪問は、とにかく『めまい』が筆頭格であることは説明した通り、ならばその『めまい』の中で、どの場面が代表かと言えば、もちろんゴールデン・ゲート・ブリッジ、金門橋なのである。世界最高峰の映画の、最高の場面のロケ地ならば、ゴールデン・ゲート・ブリッジを訪問することが、僕にとってアメリカに滞在している間の目標のうちベスト3に入ってもおかしくないのである。

コイトタワーを訪問した時、遠くに見えるゴールデン・ゲート・ブリッジの写真を撮った。僕はそれだけで満足したのだ。もしかしたら、今日は時間的に行けないかもしれない。それでもこの眼で金門橋を見れた、たとえ遠くであっても、それですら満足できるほど、この橋は特別なのだ。
IMG_3953.JPG

僕は初めてアメリカから日本に来た時、ANAの機長がこうアナウンスした「今日は快晴です。皆さん左に見えるのはゴールデン・ゲート・ブリッジです。」。LAXに降り立つ飛行機は、サンフランシスコ上空を通って、南下したのだ。しかしその驚くようなアナウンスが流れたにも関わらず、僕は右側の列に座っており、その憧れの姿を見ることはできなかったのだ。僕はそれ以来、日本とアメリカを行き来するたびに、飛行機の窓にへばりつき、ゴールデン・ゲート・ブリッジが見えないか、と思ったものだ。先日、アボット・キニー・ピア―の飛行機からの写真を載せたが、あの時一番期待したのは、実はゴールデン・ゲート・ブリッジだったのだ。しかしあたりは霧に覆われ、飛行機も旋回してしまったことで、またしても見ることができなかったのだ。

リージョン・オブ・オナーの美術館の後、北上し金門橋を目指した。車は渋滞し、僕は機転を利かし、台場のあたりの無料駐車場に停めた。ここはサンペドロにあったバッテリーと同じく、日本の攻撃に備えたのだろうか、台場があるのだ。その台場の後からゴールデン・ゲート・ブリッジの方へと向かった。
IMG_3955.JPG
IMG_3956.JPG

素晴らしい、色鮮やかな橋が徐々に姿を見せていく。
IMG_3958.JPG
IMG_3957.JPG
IMG_3954.JPG

これはちょうど橋の下。
IMG_3959.JPG

とうとう橋にたどり着き、僕たちは歩き始めた。たくさんの観光客が橋を渡っている。
IMG_3969.JPG

時間もなかったので、サンフランシスコ側から歩いていって、最初の塔のところで折り返した。
IMG_3972.JPG

渡り始めた場所、僕は驚くべき建物に気づく。橋を渡ったあとに行こうと思っていたフォート・ポイントなのだが、橋の上から、確認することができるのだ。
IMG_3962.JPG
IMG_3963.JPG
これは『冒険者たち』にでてくる要塞島フォート・ボイヤールではないか!僕はバケツリストを作ることは嫌いだが、もし作ったら、真っ先に書くことはフォート・ボイヤールに行くこと、だ。僕のロケ地訪問においても最重要な場所だ。それと似たような様相をもう一つの最重要箇所である金門橋が擁していただなんて。

家族で車に戻り、少し陽もかげってきており、フォート・ポイントに行くか行くまいか、少し迷いが生じたのだが、まだ明るいだろうと思い、フォート・ポイントに行ってみた。

良かった。来て。まさにここだ。『めまい』のロケ地は。ゴールデン・ゲート・ブリッジに来るだけではだめなのだ。
IMG_3974.JPG
IMG_3975.JPG

映画のショット。
IMG_3944.JPG
IMG_3945.JPG
IMG_3986.JPG
これはフォート・ポイントに向かうまでの道。
IMG_3943.JPG
IMG_3978.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【映画のロケ地訪問】リージョン・オブ・オナー美術館 『めまい』 [映画ロケ地訪問 Filming Location]

ロンバートストリートの坂の後、今度は北上し海岸の方に向かい、妻が行きたがっていたギラデリ・スクエアに立ち寄った。その後ウーバーを使い、これも妻が食べたがっていた香港ラウンジというお店に移動し昼食をとった。昼食後ホテルに戻り、今度は自分の車で、いよいよサンフランシスコのロケ地の真打の場所に向かったのだ。

サンフランシスコは坂が急で、運転が下手な僕には非常に怖く、できるだけ急な坂を昇りたくないので、中心を北上するのではなく、まず西に向かい、そこから北上した。単純にサンフランシスコ全体が山のような形状をしているのなら、真ん中が一番盛り上がっているのだろうと考えたのだ。実際その行き方は非常に簡単であった。

リージョン・オブ・オナー美術館。映画ではマデリンがカルロッタ・ヴァルデスの肖像に見入る場面で使われる。

これは映画より。
IMG_3938.JPG

IMG_3979.JPG

中庭。
IMG_3980.JPG

僕はなかなかどこがマデリンが座った場所なのか、認識できなかったのだが、僕の携帯の写真を見た妻がすぐに円柱を一致させ、ここから写真を撮ればいいじゃん、とアドバイスをくれた。そのとおり、ここなのだ。ここがスコティが立った場所なのだ。
IMG_3983.JPG
IMG_3939.JPG

そしてマデリンが座っていたのは、
IMG_3941.JPG

マデリンが見ていたカルロッタ・ヴァルデスの肖像画がかかっていた場所には現在、この絵画がかけられている。よかった。ふさわしい絵画がかけられていて。作品はLaurent de La Hyreというフランスの17世紀の画家によるAllegory of Geometryという作品。
IMG_3984.JPG

時間がなく、すぐに次の目的地へと急ぐ必要があったため、せっかくの美術館なのに十分に作品を鑑賞せず後にしようとしたのだが、最後、出口に急ぐ時に、一枚だけ目を引いた作品があったのだ。それは以前から知っているジュール・バスティアン・ルパージュによるサラ・ベルナールの肖像であった。
IMG_3988.JPG
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

【映画のロケ地訪問】ロンバートストリートの坂 『インサイド・ヘッド』 [映画ロケ地訪問 Filming Location]

コイトタワーの後、ロンバート・ストリートを西に向かい、有名なロンバート・ストリートの坂、(ロシアンヒル)に向かった。後で気づいたが、ロンバート・ストリートにはスコティの家があったのだ。

ロンバート・ストリートの坂は、観光名所として有名で、徒歩の観光客、車で坂を下ろうという観光客で賑わっていた。僕たち家族は、脇の階段を登ることで満足した。

この坂が、使われた作品で一番有名なのはテレビドラマの『フルハウス』、映画のロケ地としては『インサイドヘッド』で使われた場所として紹介します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画