So-net無料ブログ作成

Recreational Love / The Bird And The Bee [音楽 Music]

先に書いた記事では、そのアルバムに収録されていない曲を紹介してしまったので、こちらに移すことにした。もともとこのアルバムに収録されているWill You Dance?を気に入って、買いだしたのだ。いまCDを見たら、歌詞カードがちょっとしたポスターになっている。このユニットに僕が感じることは、少し演技がかっているということ。それはケイト・ブッシュや、デヴィッド・ボウイの系譜につながり、ディヴァイン・コメディやカーディガンズ、といったアーティストに受け継がれる、その雰囲気は、ケイジ・ザ・エレファントにも感じることができる。

5曲目 Please Teke Me Home いい曲ですね。素晴らしい。Inara George のボーカルテクニックは素晴らしい。


素晴らしい、Will You Dance? のセッション。これだけエレクトロサウンドなのに、アコースティックセッションという感覚が素晴らしい。僕は上に書かなかったが、ポーティスヘッドのセンスも実は感じるのだ。イナラ・ジョージの服はAラインのようなシルエットで、膝上丈のスカートは、本当にこのひとはカリフォルニアの人なのだろうかと思ってしまう。ヨーロッパ趣味全開に思える。イナラ・ジョージを『La La Land』に出演させてあげればよかったのに。彼女は存在自体がロシュフォールへのアメリカの返答のように思えるのだ。


これはどのアルバムの収録曲だろうか。歌詞の中には日本語の一節も登場する。彼女は親日家なのだろうか。


続けてYou Tubeで再生される曲たちに次々と興味を持ってしまう。なんとデイブ・リー・ロスへのオマージュの曲である。


なんとSiaとデュエットしている動画があった。


イナラ・ジョージは、別のプロジェクトで、女性だけのフォーク・コーラスグループのリヴィング・シスターズにも参加している。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

The Bird And The Bee [音楽 Music]

Will You Dance?という曲を文房具屋さんのパピルスで聴いてから、一時期買い集めたバード・アンド・ザ・ビーのアルバム。ステレオラブのサウンドを僕には思い起こさせる。LA出身のユニットながら、サウンドは非常に欧州風のエスプリとセンスにあふれている。かといってシンガーのイネラ・ジョージはトパンガ・キャニオンで育った、生粋のカリフォルニアの人。

これが僕が好きな曲。Will You Dance?


La La Landよりも早く、イネラ・ジョージは、LAをラララと歌っている。エコーパークやウォルト・ディズニー・コンサート・ホールなどが映る。イネラ・ジョージが落書きした壁はどこにあるのだろう?新しく生まれたポップの史跡にして欲しいのだが。


この The Bird And The Beeのアルバムジャケットが、ヘレン・ヴァーホーヴェンという若い画家による作品。作品を調べると、素晴らしいですね。僕の趣味に合う。クリムトやキース・ヴァン・ドンゲン、またはエドワード・ホッパーの雰囲気を感じる。





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ヒルデガルド・クネフ [音楽 Music]

英語のヒアリングを強化しようと思って、昨日から、なんでもかんでも動画を選んでいるのだが、ふと思いついてヒルデガルド・クネフを検索したら、彼女は歌手としても活躍していたことを初めて知った。英語のヒアリングのためだったのに、ドイツ語になってしまったので、違う記事にしてみた。ヒルデガルド・クネフは『アンリエットの巴里祭』でファンになった女優で、チャイニーズシアターにしっかりと手形が残されているのを知った時はとてもうれしかった。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

English Listening 2 [英語 English]

1. You ever dance with the devil in the pale moonlight?


From the scene from Batman. So far, I've tried to watch this movie, but every time I failed. I didn't reach this scene. Around 3:00 sequence is used in Prince's Batman.

2. Norman Gunston interviews Elliott Gould


This is very difficult for me, I couldn't catch almost of words. Just catch "Capricorn 1.2"

3. Learning English with The Future American President - The First Debate


This is my first time to hear both candidates opinion by their own words.

4. The Bird and The Bee 2007 interview - Greg Kurstin and Inara George (part 1)


This is an interview when they started their professional musical career. Inara's accent is perfect Californian against her European atmosphere.

5. Inara George on The Living Sisters & Playing in a Girl Group


6. 40th Anniversary Memories - Leo Kottke


7. Leo Kottke and Nick Forster: In Conversation | Fretboard Journal #38 (excerpt)


Leo Kottke talk about his guitar.

8. CNN announces Prince dead


This is a news when Prince was dead.

9. Kate Bush Interview 1980


She talks about Babooshka

10. 9/11 Museum Opens Exhibit On Death Of Osama Bin Laden


11. Yukio Mishima Speaking In English


I really surprised! I've never heard about Mishima speaking English so far, his pronunciation is perfect!

12. Mishima: his life and literature


Definitely, Yukio Mishima is most highest genius of art.

13. Jorge Luis Borges - "A Poet's Creed " (Lecture 1968)


14. The Bird and the Bee | INTERVIEW | WE FOUND NEW MUSIC with Grant Owens


I thought she is very young, but her age is over 40 (of course, still young), it is surprisingly for me that she has three children and she married with the men definitely not Greg.

15. Kate Bush's first concerts in 35 years


I probably, had introduced this movie on this blog.

16. Kate Bush - South Bank Sky Arts Pop Award 2012


She is an alive legend without any doubt.

17.Kate Bush and her Family


18. Artists talking about Kate Bush


Without doubt, there would be more artists want to express their impression about Kate Bush.

19.NEW YORK DOLLS 1974 Toronto: World Premiere


20. Japanese CULTURE SHOCK!! What surprises foreigners who come to Japan?


Definitely Toilet!!


nice!(0)  コメント(0) 

English listening 1 [英語 English]

1. A Quick Lesson in Ways Businesses Are Organized


Is this an explanation about common rule of company?

2. Are You Learning English? These Songs May Help


I confess, at first, I started to write this article using one English song for studying. But listening without subtitles was so difficult for me, so, I gave up that. So far, I tried to listen the movie spoken in English at random. I decided to do same attempt again.

3. BREAKING: News reports of giant caught on camera!


This is fake news. I searched Giant's Causeway related to Led Zeppelin, so You tube showed this video for me as recommendable movie.

4. Donald Trump 1980 Interview

At this time, he doesn't seem to vulger guy. He seems to be calm and polite (compare with current him).

5. Freddie Mercury talking about Michael Jackson


Is Freddie talking about they tried to co-work about creating some songs? Oh My Gosh! I didn't know this fact. There is a song by Freddie and Michael Jackson! But it was not accomplished by

https://matome.naver.jp/odai/2141117529338856101



And there are more 2 songs, Freddie and Michael worked together, these are "State of Shocks" and "Victory". Oh, I really didn't know these facts These songs are recorded in Jacksons' album "Victory".

6. KIDS REACT TO QUEEN


I surprised! Almost of kids appears in this movie know Queen's song well. Most eldest boy is very clever, and little cheerful curly hair girl's reaction and opinion is amazing. And every children's reactions are honestly and interesting. Such a great band Queen is!

7. KIDS REACT TO METALLICA


Too fast for kids! Probably, 5 years later, some kids will must like Metallica.

8. What Huygens Saw On Titan - New Image Processing


Is Huygens a satellite? I chose movies at random as like this.

9. When the Soviets Photographed the Surface of Venus - It Happened in Space #9

This is another lecture about space subject. What the word for the autonomous space rocket for researching?

10. Tippi Hedren opens up about Alfred Hitchcock | Larry King Now | Ora.TV


I have a autobiography of Tippi Hedren, her confess about Hitchcock is shocked for me.


11. Tippi Hedren: Hitchcock Ruined My Career | HPL


Another interview. this video posted on 2012. I bought Tippi's book last year. She seems to mention Hitchcock's harassment from 2012.

12. Tippi Hedren: Alfred Hitchcock Assaulted Me After I Refused To Sleep With Him


One more interview. I didn't know Melanie Griffith is Tippi's daughter, and her granddaughter is actress of fifty shades of Grey.

13. Tony Moore (ex Riot Thundersteel) interview-The Metal Voice


Amazing! This is latest interview of Tony Moore.

14 4. Philosophers and Kings: Plato's Republic, I-II

This is a lecture at Yale university. Very clear pronunciation.

15. 805 Beer a Huge Hit for Firestone Walker Brewing Company


This is my favorite beer, I drink this every day. Where is brewery? Santa Cruse?

16. Tokyo Hidden Spots: Local Tokyo Restaurants & Cafes In Tokyo


Her English is perfect.

17. America in Color: The 1920s (Full Episode)


This movie is about America's history in early 20th century. Interesting approach is putting color on black and white films. I guess, real one had been more vivid colorful than this colored film.

18. Greco-Persian Wars | 3 Minute History

Many movies about history are long time playing. I searched the 3 words, "History","3 minutes". So, I could find this movies series. Very good, but one problem is, speaking speed is too fast for me.

19. Japanese History of Edo period to Meiji Restoration(1/6)

This is a history about Japan, at the late Edo era.

20. What happened to JIM CROCE?

I've not known about this musician. He died in airplane crash when he was 30 years old.
nice!(2)  コメント(0) 

レトロスペクトの周期 [その他 Others]

流行、趣味には周期があり、過去に流行ったものがもう一度流行るということが常に繰り返される。ジャンルによって周期は、まるで7年蝉、13年蝉、17年蝉のごとく異なる。僕が中学3年生の頃、ウルトラ倶楽部という深夜番組が放送され、レトロブームというものが巻き起こった。僕もそのレトロブームに乗り、ウルトラマンに再び夢中になったのだが、中学生が懐古趣味に走るというのもずいぶん変な話だ、と思っていたのだが、それほどおかしくない。中学3年生は15歳、僕がウルトラマンを見ていたのは5歳~7歳ぐらいまで、10年後に懐古しているのだ。テレビは10年周期だと言える。

僕が84年のヒットチャートものの音楽に郷愁を感じていることは何度もこのブログで書いている。僕が再び、84年のヒットチャートの音楽を求めだすのは、実は93年~94年ごろ、90年あたりですでに一部のアーティストの作品を買いだしたが、それは純粋な音楽的欲求であり、郷愁の要素はあまりなかった。音楽も10年周期。

90年代は、とにかく80年代のファッションが馬鹿にされていた。リスペクトされていたのは60年代だった。2010年代後半になり、80年代のファッションや文化がふたたび復興してきている感がある。実際女性の眉も再び太くなりだした。ということはファッション、服飾は30年周期と言える。

なぜこの周期が生まれるのか、この記事でそこまで考察する気はないが、おそらくその分野の発信者が世にでて発言力を得だす周期に合致しているのではないかと推測する。
nice!(1)  コメント(0) 

Purple Rain / Prince [音楽 Music]

今日は実は『バーバー』のロケ地を訪問しようと思い、オレンジ・カウンティのプラザというところにいってきたのだ。しかし案の定、いったいどこがロケ地なのか皆目見当がつかず、いくつかのアンティークショップに入ってみたものの、欲しいようなレコードや本もなく、なんの成果も得ずに帰ってきたのである。

家に帰ってから、家族と再び出かけ、何か収穫しようと思いバーンズ&ノーブルで購入したのが、パープル・レインのリマスター盤。

現在、手元にあるのは、180Gのレコード、紙ジャケのHM-CD、それと今回のリマスター盤、日本の家に通常のCDもあるが、おそらくそれが一番音が悪いだろう。今回のリマスター盤の音質に期待したのだが、確かに紙ジャケのHM-CDより音圧が強いが、感激するほどでもない気がする。再生環境が違うので比較できないのだが、180Gのレコードが僕には一番良い音で聴こえる(CDはBOSEのWave、レコードはツェッペリン・スピーカーで再生)。

それよりもこのリマスター盤、2枚目のCDが素晴らしい。

1.The Dance Electric
2.Love And Sex
この曲は非常にいいです。キャッチーで聴きやすい。

3.Computer Blue(Hallway Speech Version)
長さを全く感じさせない。ホールウェイ・スピーチというのはなんなのだろう。このバージョンは83年の8月にハリウッドのサンセット・サウンドで録音されている。

4.Electric Intercourse

5.Our Destiny / Roadhouse Garden

6.Possessed
これは83年5月の録音。僕にはArround The Word In A Dayに入っていてもおかしくない曲に聴こえる。Purple Rainには合わない。これはミネアポリスのキオワ・スタジオでの録音。

7.Wonderful Ass

8.Velvet Kitty Cat

9.Katrina's Paper Dolls

10.We Can F**K
この曲は聴いたことあるな、と思ったら、グラフィティ・ブリッジに収録されている、We Can Funkである。Fから始まる4文字は、このころは伏字になっているということは、意味した言葉は違ったのかもしれない。聴き続けて思うことは、当時、プリンスは自分のファンク趣味を極力抑え、映画に合うように、あるいは時代の趣味に合うように、パープルレインの曲を選んでいる。プリンスはその路線で、もう1枚、アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイを作るが、いよいよもって自分のファンクへの欲求を抑えることができず、パレードよりそのファンク色を強めていったのだろうと思える。そして84年当時発表できなかったファンク色の強い曲を1990年のグラフィティ・ブリッジで完成させめでたく発表したのだろう。

11.Father's Song

後で気づいたのだが、このデラックス2枚組盤には、さらにデラックス・エクスパンデットとして、3枚組、3枚組+DVDがあるそうだ。そっちの方がよかったな・・・。

僕が持っているブートレグに入っている曲も、その3枚組ならば入っているようだ。僕の持っているブートレグは2枚組で、1枚目が編集されていない映画『パープルレイン』の音源そのまま、2枚目がさまざまな収録されなかった曲や、12インチシングル版など。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

スパムバーガー生き残りキャンペーン [その他 Others]

アメリカに戻ってきて、夕食を買いに行きそびれ、やっているお店が少なくなってしまったため、チポレとインアウトバーガーを買って帰った。

インアウトバーガーはすこぶる世間での評価が高いが、僕はそこまで好きでもない。ファイブガイズの方が好きだ。インアウトバーガーを食べると、いつも世間での評価と自分の評価とのギャップから、いったいどのハンバーガーが最もおいしいのかということにいつも考えをめぐらせることになるのだが、そこでふと思い出したのだ、あの世界最高のバーガー。僕はあのバーガーを食べたとき、これこそがあのカーニバーガーにもっとも近いバーガーである、と確信したのだ。

それはフレッシュネスバーガーのスパムバーガーである。最後に食べたのはいつだろう。少なくともこの3年間は食べていない。そのような経緯からインターネットでスパムバーガーを検索したら、とんでもない事実を知った。なんとスパムバーガーは販売不振、しかもフレッシュネスバーガーのバーガーのラインナップのうち売上成績は最下位とのこと。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1708/21/news100.html

面白いことに、記事によると、フレッシュネスバーガーのスタッフ内では、このスパムバーガーが最高位になるという。そこでフレッシュネスバーガーは、なんとも大胆なキャンペーンを打ち出したのが、今回のニュースというわけ。僕も日本にいたら、協力したのだが、ちょっと無理。期間内に戻る予定はない。ただし僕は予想するが、おそらくスパムバーガーは今回のキャンペーンで8位以内に入るだろう、そして続行となるだろう。次に日本に戻ったら、いままでの不義理を反省し、週に2個は食べようと思います。

なんとカーニバーガーの門外不出のレシピが公開されていた。


しかし断言するが、このカーニバーガーのレシピよりも、スパムバーガーの方がカーニバーガーに近い。カニでもなく、ハンバーグでもないが、スパムバーガーを食べたときの、ほとんどレジェンドとも言えるB級を極めた感は、まぎれもなくカーニバーガーであると信じて疑わせない衝撃があったのだ。

nice!(2)  コメント(0) 

清澄庭園と芭蕉庵 [建築&歴史 Buildings&History]

もう明日にはアメリカに戻らなければならないのだ。さてその日本にいる最後の(どうせまた来るけど)日にどこに行こうかな、と思い、以前より、かなり以前より行こうと思っていた清澄庭園に行く事にした。素晴らしい庭園ですね。特に日本の庭園では水面に向かって伸びて行く樹々の作り出す風景がきれいです。

あちこちの岩に、札がつけられていて、何かと思ったら、この庭園では各地の珍しい岩をとりよせ、庭に配置したとのこと。以前より思っていたのですが、アメリカでは碑や、メモリアルは、加工しデザインされた彫刻であったりプレートであったりするのですが、日本では岩そのものに価値を見いだし、碑として使用したり、そのまま飾ったりする文化がありますね。

池にいる大きなスッポン。どこかの子どもたちが「すっぽん、すっぽん」と言っているので、「すっぽんじゃないよ、ミドリガメだよ」と思っていたら、本当にスッポンがいた。スッポンは英語で、Soft Schell Turtleと言うそうだ。なんでもスッポンの甲羅は柔らかく、その特性を活かして、物陰にうまく隠れたりするらしい。


清澄庭園は、当然、庭なので、散歩して風情を楽しんで終わり、と思い、また今日は夕方別の用事があったので、すぐに家に帰ろうと思っていたのですが、庭園内を散策していたら、なんと松尾芭蕉の有名な蛙の俳句の碑に出っくわした。

なんでもすぐ近くに芭蕉庵跡があり、もともとはそこにあったものをここに移したとのこと。これは行ってみないと損と思い、芭蕉庵跡を探すと、ゆかりの地がいくつも出てくる。僕は松尾芭蕉は、奥の細道のイメージから地方の人かと思っていたら、江戸を出発して奥の細道の旅に出たというわけなのだ。

これは清澄庭園の隣、清澄公園にある時計台。それほど古いものではないが、火の見櫓を模して造られたとのこと。芭蕉ゆかりの地の方へ行くと、まず萬年橋という橋にたどり着いた。

隅田川沿いを歩いてき、見つけた松尾芭蕉の像。

そして松尾芭蕉の像から数歩歩いたところにある、芭蕉庵跡の稲荷神社。
nice!(3)  コメント(0) 

007オクトパシー [音楽 Music]

『ロシュフォールの恋人たち』と一緒に買ったサントラが『007オクトパシー』。帯付きでなければ買わなかった。小学校5年生の頃、貸レコード屋で手にしたあのレコードが欲しかったのだ。
IMG_5582.JPG
想像していたジャケットと違ったのだが、小学生当時の僕が手にしたのはこれだったのだろう。このオクトパシーのレコードを手に入れた事で、2週間ほど前に購入したレコードの存在が、僕の中で俄然価値を増した。実は2週間前に、新宿のディスクユニオンで買ったレコード2枚があまりパッとしなかったことが、どうも今回レコードに散財するという事態を招いたようなのだ。

その2枚のうちの1枚とは、このレコード。
IMG_5588.JPG
1984年ロサンゼルスオリンピックのレコードである。

僕の中でオクトパシーは1984年のロサンゼルス五輪の記憶に直結する。そのことは以前にも書いた。

http://fuyublog.blog.so-net.ne.jp/2013-12-04

この記事を書いた2013年12月4日の頃、僕は自分がロサンゼルスに住むことになるなど思ってもみなかった。リタ・クーリッジの声とともに、記憶を30年以上持ち続け、今僕は、その記憶の源泉であるロサンゼルスにいる。今回、日本から戻る時に、オクトパシーのサントラと、ロサンゼルス五輪のレコードをいっしょに持って。

僕が小学校の卒業文集で(たいていどこの小学校でもそのような作文集は作成すると思うが)、いったい何を書いたか告白しよう。タイトルは「ロサンゼルスオリンピック」だったのである。通常、どの小学生も、小学校6年間の中で一番思い出に残っている学校生活のことを書くと思うのだが、僕はその中でただ一人だけ、時事をテーマにしたことを書いたのだ。当時の担任の先生に、ロス五輪について書きたいけどいいですか?と尋ねたら「それがあなたにとって最も思い出に残っていることならいいよ」と言われたことを覚えている。

いや、一番記憶に残っていることではなかったのだ、ただ自己顕示欲だけが優先されたのである。自分はこんなことも知っているのだ、ということを誇示したかっただけなのだ。内容は他愛もない。アフリカ系アメリカ人が活躍する五輪と、その背景にまだ残っている人種差別について、アメリカはフェアではない、というようなことを書いたのである。

その後、そのようなことをしたこが気恥ずかしく、思い返したくもなく、文章も二度と読み返したこともないのだが、30年以上が経過して、ロサンゼルスに来ることができ、その嫌な記憶を初めて許すことができたのだ。

くだらないアイデアであるが、いつかこの2枚のレコードを持って、ロサンゼルス・オリンピックの会場であるコリセウムに行き、写真を撮ってみようか。傍から見れば、奇妙な行動にしか見えないが、僕にとっては意味のある写真になるだろう。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽