So-net無料ブログ作成
日記 Diary ブログトップ
前の10件 | -

連休1日目の夜 [日記 Diary]

連休でもなんでもないのだが、非常にストレスのかかる仕事から解放されたので、今日金曜日の夜を3連休の初日と勝手に思い込むことで、これからの土日を充実させようという魂胆なのである。

特に書くこともないのだが、良く閲覧しにいくブログで、今日はジョン・レノンの命日であるということを思い出させてもらったおかげで、今、ストロベリー・フィールズ・フォーエバーのテイク7を聴いている。何度聴いても飽きないバージョンだ。

12月8日は、そういえばラズル・ディンリーの命日でもある。http://fuyublog.blog.so-net.ne.jp/2016-02-16-2 というわけでCDをハノイ・ロックスのTwo Steps From The Moveに変え、Don't You Ever Leave Meを聴くことにした。この曲の中間部のギターソロは本当に素晴らしい。ラズルのドラミングは余計に派手なことをせず、曲を引き立たせるために終始リズムキープに徹するというそのストイックな姿勢こそが評価されるべきだ。

この曲はもともとNever Leave Meとかいうタイトルで、もっとアップテンポの下品なロックとしてハノイ・ロックスは発表していたのだが、その曲に目をつけ、珠玉の名曲にしあげた編曲者のセンスに脱帽する。
nice!(4)  コメント(0) 

トカゲ [日記 Diary]

庭で、水を撒いていたら、トカゲがぼとっと落ちてきた。突然、大雨が降ったと思い、驚いたのだろう。おもしろがって、右手でぐわしっと捕まえた。もちろん、そんなに強く握っていない。20秒ぐらいじっとみて、逃がした。

ところがだ。トカゲが動かないのである。そのままじっとしている。草木に隠れさせないと思い、つっついて、あらぬ方にいったりするのを、なんとか草木の方に追いやった。これが昨日の夕方の話。

一夜明けて、トカゲはいなくなったかな、と思い、見に行ったら、ほとんど同じ場所から、草木から出て、レンガの上に止まっている。普通、トカゲは、人間が近づいてくると、さっと逃げるのに、逃げるそぶりも見せない。

前に子どものトカゲを飼おうとして失敗したことがあったが、そのとき、たしかトカゲは捕まったショックからしばらく餌を食べないことがある、という記事を読んだ。

このトカゲは、僕がいたずらに捕まえて、突っついたりしたことで、ショックを受けてしまったのだろう。これは困った。草木に隠れていないと、このあたりには、カラスや鴨や、キジバト、その他大きな鳥もたくさんとんでくるのだ。またつっついて草木の下においやった。

何回か見に行くと、その場所にいたままだ。どうしたものかと思ったが、夕方過ぎにどこかに行ってしまった。よかったよかった。これからはトカゲを見つけても、いたずらに捕まえたりしないようにしよう。

Diary [日記 Diary]

Today is a federal holiday in US. That is famous Independence Day. But I decide not to go anywhere. Because I have to prepare for my moving day after tomorrow. And I think it is better to choose not to go anywhere on national holiday, such like Independence day.  

Diary [日記 Diary]

Today, I got up at 7:00 around. I didn't got out from bed, I was regarding website news on smart phone.

Diary [日記 Diary]

As I wrote in recent article, my English ability become to be degenerated. I know the reason, because I don't speak English every day, and recently, my ESL class was ended for summer vacation. And my other English school, due to teacher's reason, entered to long term off. My most difficulty is listening. Still I can't catch what everybody said, if the English speaker spoke in natural speed, it is very hard for me. I watched "COMA" the movie I bought DVD last week, I watched little bit first 15 minutes. But it was against my expectation. I couldn't understand the meaning.

So, I decided to write diary in English again. Today, I got up around 8:45 around. I'd done some tasks at Email. Today, my wife took our son to his English school. I intended to visit filming location near my house, but when my wife went home and said, "English school's parking lot is closed for roadwork, so I couldn't park at there, you need to take me to the school at 1 hour later." It is trifle thing, so I don't want to describe details, anyway I had do give up visit anyplace I want to visit, instead of that, I had to go my son's English school twice a day.



Diary [日記 Diary]

Hey, I don't have any plan to go out today. Of course, I'm drinking as soon as I got up. Okay, let me do an experiment, if I spent whole a holiday with drinking alcohol. Now is 10:41am. I finished off two cans of beers already. I'm listening some vinyl's I bought recently. Now playing disc is "Byrdsmania".

Now is 12:17. So far so good. On my schedule note, I've done tasks until 3:00pm. Few minutes ago, I tried to use SPA in my townhouse. It is rare for me to use SPA at daytime. Inside pool garden, someone was preparing some party. But nobody was using SPA, so I tried to use that, but I noticed in SPA many bubbles were floating. What's that? I turned on the bubble system of SPA. Surprisingly, floating bubbles increased. Sorry, I seemed to ruin SPA for the party. But it is not my fault.

At now is 1:17pm. Still, so far so good. I'm drinking a strongbow, and listening Linda Ronstadt's "Hand sown.. Home grown" . I love the last song of A side.

This is roses in my garden.
IMG_4496.JPG

Gardening [日記 Diary]

This weeks business trip made me feel extreme bad. I expected my English capability has been improved enough to participate the meeting. But that's expectation was collapsed perfectly. I hate to speak English. I don't want to use English. It make me feel vomiting.

Today, I intended to visit Griffith observatory early morning, but my wife told me near my house, one house is having yard sale, and there are some records. So, this is first experience to my family. So, I decide to visit the yard sale instead of Griffith observatory.

These are my flowers. Rose is grooming very strongly.
IMG_2672.JPG

I don't know this flower. But this is very cheerful too.
IMG_2674.JPG
IMG_2675.JPG

I'm waiting for Satellitia's blooming.
IMG_2673.JPG

1st day of the holidays [日記 Diary]

Today, my son and wife went to his English conversation school, and we don't have any plan in AM, so, I decided to visit some filming location. At first, I went toward Griffith observatory, and my first plan was visiting the John Sowden House which related to Black Dahlia murder. I didn't know this fact. Yesterday, my English teacher taught me about this John Sowden House. I departed after my wife had gone out. And I noticed I don't have navigation system. My new car doesn't have preinstalled navigation system. I decided to take local way. For visiting Griffith observatory, the easiest way is Vermont. Someone told me, Vermont or Western is not safe way, it is better to avoid using this way. But at this time is sunny, Saturday morning. I don't think there are danger.

Gardening [日記 Diary]

Recently, I decided to arrange my house's little small garden. It has been my dream plant Strelitzia in my garden. So, at first, I bought this Strelizia, but unfortunately, it has not been bloomed.
IMG_2320.JPG


さようならマツダ6 [日記 Diary]

僕はもともとは車の運転が嫌いだった。社会人になってから、車を運転できるようになりたいと思い、最初に購入した車は中古のプジョー305だった。しかし車の運転が嫌いで、まったく運転しないまま数週間も経ってしまい、バッテリの充電のためだけに嫌々運転するということなどもしばしばであった。

引っ越しをするタイミングで、そのプジョー305も売ってしまった。その車にも四国の海岸線を一周したという思い出と戦歴があるものの、結局僕の車嫌いは治らず、最後、車を売り渡す際、中古車ディーラーから「この年式の車でこれほど走行距離が少ないのも珍しいですね」と言われたぐらいであった。

普通、アメリカで仕事をすることが決まった人間が不安に思うことは、一にも二にも英語だろう。しかし僕の場合、それに加えて、車の運転に対する不安が非常な重みでのしかかっていたのである。

実際、僕は車の運転の習熟に苦労した。フリーウェイを運転することができず、下道しか運転することのできない期間が長く続いた。しかしそのおかげで、僕はロサンゼルス近郊の下道、地理関係に習熟することができたのも事実だ。

アメリカで僕が乗っていた車はマツダ6だった。僕に似つかわしくない巨大な体躯に、最初馴染めなかったが、行動を共にしたことで、他のマツダ6ではなく、このグレーのこのマツダ6でなければだめだ、というぐらい気に入った。このマツダ6とはそれほど遠くには出かけられなかったが、この車ほどロサンゼルス近郊を隅から隅まで走り回った車はなかなかないだろう。しかもそのドライブは、距離だけの問題ではなく、過去100年近くの時間軸を縦横無尽に探索するものだったのであるから、このマツダ6も僕といっしょに大変貴重な経験をしたはずだ。走り回るうちに、僕はドライブが好きになっていた。運転をするだけで楽しい、という感覚を手に入れたのだ。

リースの期限が切れ、このマツダ6を返さなくてはならなくなった。実は1ヶ月前ぐらいにディーラーに行き、新しいマツダ6にしたのだ。話はとんとん拍子に進んでしまい、僕は手放す気もなかったその日に、グレーのマツダ6を引き渡し、濃紺のマツダ6を手に入れた。新しいマツダ6には僕にはなぜかしっくりこない日が続いた。

面白いことに、そこから難癖がつきはじめ、詳細は書かないが、1か月後、濃紺のマツダ6の契約は破棄となってしまう。倉庫に入れられていた僕のグレーのマツダ6が戻ってきたのだが、その時の姿は本当に哀れだった。埃にまみれ、汚れてしまい、みすぼらしい姿で野ざらしにされていたのだろう。だが僕はその元のマツダ6に乗った瞬間、そうそうこの車だ、と運転する楽しさを取り戻した。

僕はこのグレーのマツダ6とまたドライブに行けることが嬉しかった。洗車場できれいにしてやり(いつもは$3しか使わないのだが、奮発して$6使った)、そして出かけた最後のドライブが、僕がロサンゼルスで一番好きなウィルシャー・ブルヴァードのドライブだったのだ。

IMG_2001.JPG

この写真は、グレーター・ページ・テンプルに停めている写真。いままであまり車の写真を撮らなかったが、もう最後だと思って、写真に収めた。

そうはいっても、リースは切れるので、新しい車はトヨタのカムリにしたのだ。僕はマツダ6にもう少し乗れるかと思っていたのだが、ただの1週間で、マツダに引き渡すことになった。本当にこの前のウィルシャー・ブルヴァードのドライブが最後となってしまった。車を引き渡す日、おそらくまた野ざらしにされてしまうのだろうから、とできるだけきれいにしてやろうと思い、洗車場で、また$6はらって、ぴかぴかにした。中も掃除機をかけ、ワイパーに絡まっていた枯葉も取ってやって、マツダに持っていった。

マツダのディーラーには散々な目にあわされたので、マツダには二度と行きたくないのだが、別にマツダ6が悪いわけではない。こんな車嫌いだった僕をドライブ好きにしたのだから、なんてすばらしい車なんだろうか。このマツダ6には、僕以上にドライブを楽しむ人が、次のオーナーとなってくれることを願わずにはいられない。
前の10件 | - 日記 Diary ブログトップ