So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
子ども Kid ブログトップ
前の20件 | -

4コママンガ [子ども Kid]

ラピュタの4コママンガを描いた。子どもは喜んでました。
image.jpeg

ドラえもん絵消し歌 [子ども Kid]

僕が30年ぐらい前,小学生のときに考えたドラえもん絵消し歌です。こどもに歌ったら思いのほか受けていたので、家族で動画にとりました。まさか遊びで考えた絵消し歌をアメリカにきて、自分のこどもといっしょに歌うなんて、30年前の小学生の自分が想像できただろうか?


動物&昆虫のスコア表 [子ども Kid]

子どもと外で動物を見つけると点を重ねて、どっちが点を多くとれるかというゲームを最近しています。そのスコア表をまとめておきます。

リス Squirrel           20点
ハチドリ Hummingbird      30点
スカンク Skunk          30点
アライグマ Racoon        40点
オポッサム  Opossum       50点
トカゲ   Lizard 20点
モンシロチョウ White Butterfly 2点
アゲハチョウ  Swallowtail  3点
モナコアゲハ  Monarch butterfly  3点
蜘蛛(小さい) Spider (Small)  3点
蜘蛛(大きい)Spider (Large)  5点
タカ     Hark 50点
ワシ     Eagle 300点
ハヤブサ   Falcon 50点
ムカデ    Centipede 8点
カマキリ   Mantis 5点
カナブン Drone beetle  10点
ハト     Pigeon 1点
カラス    Crow −20点
カモメ    Sea gull     1点
キツネ    Fox       150点
コヨーテ   Coyote  100点

イソギンチャク Sea Anemone 20点
ヒトデ     Star fish 20点
ヤドカリ    Helmet crab 30点
魚(小さい)  Fish (Small)  5点
魚(大きい)  Fish (Large) 10点
イルカ     Dolfine 40点
アザラシ    Seal       50点
クジラ     Whale 500点
アワビ     Abalone 10点



人生ゲーム 強運 [子ども Kid]

この前の土曜日、家族で人生ゲームをやりました。仕事選びで失敗して薄給の警察官でスタートし(あくまでも人生ゲーム上ね)その後もパッとせず、僕はびりっけつでのろのろと進む。子どもは有頂天で、1番を独走。そこで、僕がようやく人生の分岐路のところにきて、あのギャンブルコースか、もうひとつの?コースにさしかかった。最初、もうひとつのコースに進んだのだが、なんと途中で気が変わってギャンブルコースというマスにとまった。そこですでにお金がほとんどない僕はとんでもないかけにでる。ギャンブルコースの第1マス目で、銀行に借金して賭けられる最高額の50000ドルを用意し、8にかけた。ルーレットをまわすのは右隣の人なので、子どもであった。それでなんと、とんでもないことに8がでてしまった。一気に500000ドル。これで形勢逆転。最後は僕が1番でゴールだ。こんなことってあるもんだな。ゲームで良かった。本当だったら人生狂うよね。

子どもが昨日作ったガンダム [子ども Kid]

子どもと昨日、秋葉原にガンダムのプラモデルを買いに行って、子どもがさっそく作り上げた。
IMG_2591.jpg
ケンプファー・アメイジングというモビルスーツ。自分もヤクト・ドーガというモビルスーツを買ったのだが、まだできてません。

明るく、仲良く、元気よく [子ども Kid]

僕が小学生の頃、東急スポーツクラブというところで、水泳を習っていた。始まる前に、次の文言を全員で唱和させられた。代表が一人前で大きな声で言って、その後、全員で続けて言うのだ。

東急スポーツ訓!(東急スポーツ訓!)明るく、仲良く、元気よく!(明るく、仲良く、元気よく!)、
磨けよ心!鍛えよ体!、(磨けよ心!鍛えよ体!)東急スポーツ訓!(東急スポーツ訓!)

確かこうだった。今から30年以上も前の話しだ。

今日、子どもの机の上にあるカレンダーを見て驚いた。そこに
「明るく、仲良く、元気よく」とあるではないか。子どもは、セントラルスポーツというところに水泳を習いに行っている。いったいどういうことだ?東急スポーツクラブが、社名変更してセントラルスポーツになったのか?と思って、調べてみたら、同じ事を疑問に思って、ネット上で質問していた人がいた。

http://okwave.jp/qa/q5057210.html

うちの子どもに「お前、水泳で、明るく、仲良く、元気よく!って言ってんの?」って聞いたら、ワンピースフィルムZを見ながら、めんどくさそうに、なんの返答もせず、ただ、うん、とうなづく。いままで子どもが水泳を習っていることに、そういえば自分も昔習っていたな、とよく感慨に耽っていたが、なんと同じ訓示を唱和していたとは。なんかすごく感動した。

最後の一粒までおいしいコーンポタージュをなぜ最後の一粒まで飲み干すのか [子ども Kid]

冬になると必ず買う飲み物で缶のコーンポタージュというものがある。僕は1日何も食べずに過ごしている時がたまにあって、さすがに夜になると動けなくなってくるので、そういう時、こういったコーンポタージュをよく飲む。最近買っているのが、このダイドーが発売した「最後の一粒までおいしいコーンポタージュ」だ。おそらくこの商品、大ヒットになっているのではないか?確かに、今までの缶のコーンポタージュは、最後、底の方にコーンが固まって残っており、なんとか食べようと、底をたたいてみたり、箸をつっこんでみたりと、いろいろやっても、その労は報われないことが多かった。ところがこのダイドーの新商品は最後の一粒までちゃんと食べられるのだ。今まで、何本も飲んだが、一粒も残していない。素晴らしい。

さて、そのことを言いたいのではない。確かに最後の一粒まで食べられることは、ダイドーが試行錯誤して発明した缶の構造であったりするのだろう。しかしそれだけだろうか?そうではないのだ。最後の一粒まで食べられる、と言われることで、飲み手は、最後の一粒まで、何がなんでもたべてやろう、という意地を持つことになることも大きな理由なのだ。このコーンポタージュで、一粒残したら、なんだかすごく残念になってしまう。そういわれるから、なんとかそうしてやろう、という本人の意欲がそこにあるのだ。

昔、母が言っていた事を、よく覚えている。
「字のきれいな人は、"字がきれいですね” と褒められるから、ますます字をキレイにかくようになる。
 箸の持ち方が上手な人は”箸の持ち方が上手ですね”と褒められるから、ますます箸を上手に持つようになる」

それなのだ。子どもをほめなさい、とよく言われるが、そのことなのだ。僕は良い親ではなく、よく子どもを叱ってきた。もっとほめてあげれば良かった。褒めると、子どもはとてもうれしそうな顔をする。もちろんうまくできたときはよく褒めてあげた。しかしそうではないのだ。できなかったときにこそ、褒めてあげるべきなのだ。それをダメだと言わず、どこか良いところをみつけて褒めてあげれば、子どもはますます、それを良くしようと向上していくのだ。今からでも遅くはない。できるだけ褒めてあげよう。しかも子どもができない時に限って、どこか褒めてあげることにしよう。

三ツ矢サイダーでワンピース [子ども Kid]

最近、台所にルフィとトラファルガー・ローの人形があったので、なんだろう、と思っていたら、今、三ツ矢サイダーを2本買うと、ペットボトルについてくるのでした。今日、コンビニで買ったらついてきた。ジュエリー・ボニーを手に入れた。
IMG_2180.jpg

LEGO ロンドンバス [子ども Kid]

実家に帰ると、飾ってある。それこそ30年以上前のレゴ。昔のレゴは存在だけでもうアートだ。とくにこのロンドンバスはMOMAに収蔵するに値する完成度だと思う。
image.jpg

クリスマスツリー [子ども Kid]

クリスマスツリーを飾りました。子どもといっしょにやりました。子どもが雑に扱うので、時たま怒ってしまった。それでも飾り終えたら、子どもは「やっぱりクリスマスはいいな〜」とか言ってる。
IMG_1764.jpg
かなりごちゃごちゃだな。まっいいや。はたして今回は、何月何日までツリーを飾っているのだろうか。

リフティング [子ども Kid]

今日の練習。こどもは3回、自分は18回できた。
あと子どもは逆上がりの練習。前まわりは上手にできるようになった。
それとブランコも上手にこげるようになった。

リフティング [子ども Kid]

雨があがったので、子どもとサッカーのリフティングの練習にいった。妙に怒ってしまうんだよな・・・。でもたまにほめると、本当にうれしそうにする。褒めてやればいいんだ。怒らないで。でもそれが難しいんだよね。

子どもは3回。僕は11回ぐらいでした。

まことちゃん クレヨンしんちゃん [子ども Kid]

子どもが宿題をしないものだから、よく怒ってしまう。ひどい言い方をしてしまって、翌日、悪い事したなと憂鬱になる。

で、この前、ふと思ったのだが、僕が自分の子どもと同じ歳のとき、はたして勉強しただろうか?ということだ。うちの子が、公文に通って、サッカー、水泳を習っているのに、自分は何もしていなかった気がする。それに小学校2年生のときは、とにかく僕は学級崩壊の張本人ぐらいひどかった思い出がある。3年生になったら、担任の先生が怖くて、優等生を演じるようになった。

いまのうちの子も、自分と変わらないではないか。

それと、うちの子どもがクレヨンしんちゃんが大好きで、よく見ながらげらげら笑っているのだが、まぁクレヨンしんちゃんは面白いが、「クレヨンしんちゃんって保育園児だろう?お前は保育園児と同じか?」と、うちの子を馬鹿にしたのだけれど、よくよく考えれば、僕が小学生のとき「まことちゃん」にとにかく夢中であった、という記憶にたどり着くのだ。

父がよく言っていた。「お前が食卓の上にねっころがって、まことちゃんを読みながらげらげら笑ってるのを思い出すよ。よくまぁ同じ場面でそんなに笑えるものだと、その感性をたいしたものだ、と思ったよ」

自分と同じ子どもを見て、だから腹立たしいわけだが、自分に似ているという点を、だから大丈夫と考えるか、それではまずいではないか、と考えるのかが、また自分にとっての試金石となるのであった。

まことちゃん (1) (小学館文庫)

まことちゃん (1) (小学館文庫)

  • 作者: 楳図 かずお
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1998/12
  • メディア: 文庫



子どものサッカー [子ども Kid]

このブログ、つい最近、再開しはじめたのですが、過去の記事で書いていてよかったな、と思うのは子どもの記事です。書いていた当時は、そんなに価値あるものと思ってませんでしたが(自分にとって)、5年ちかく経って、3歳の頃は、あんな感じだったな、と懐かしむ事ができます。

継続して書き続けなかった事が、悔やまれますが・・・。というわけで子どものことも定期的に書いておこうと。

うちの子どもはサッカーを習っていますが、ほとんど自主練習もせず、チームの中では、一番下手な部類です。それでも嫌だとは言わずに、通っているのが不思議。サッカーが楽しいのか、友達がいるから楽しいのか。たぶんあと数年で、周りについていけずに辞めざるをえなくなるときがくるんだろうな・・・。

今日はリフティングの記録と、スラロームの記録会というのがあって、うちの子は、リフティング3回、スラロームは13秒46でした。

今日のモノポリー [子ども Kid]

一位 こども  $3544
二位 自分   $3124
三位 ママ   $2312

やはりボードウォークの所有者最強説の信憑性が高い。

パズドラをやめてモノポリー [子ども Kid]

ついこの間まで、自分のスマホでパズドラをやっていて、ソーシャルゲームの類いをやったことのなかった僕がまず中毒になってしまった。子どもにはもちろんその中毒性がひどく、7月末から9月の中旬まで、ちょうど1ヶ月半とちょっと、僕と子どもは寝ても覚めてもパズドラ中毒だった。子どもは起きたら、まず寝ぼけ眼で、携帯をいじって、魔法石を確認するという始末。僕は僕で、一日の始まりはゲリラダンジョンの時間割確認。

はっと気づいたのが、このソーシャルゲーム。パチンコとかのギャンブルと同じだということ。射幸心をすごくあおられている事に気がついた。幸い無課金だったけど、無駄にした時間は1ヶ月半だ。

ということで9月の中旬ぐらいに、パズドラを筆頭に、携帯のゲームをほとんど削除してしまった。子どもは何にも悪くない。パパがやろうといってやりだしたパズドラに夢中になっていただけ。それなのに突然パパがもうパズドラはやらない、ときたもんだ・・・。

子どもがちょっとかわいそうだったので、まず人生ゲームを買ってあげた。ようは携帯のゲームだとかテレビゲームだとかで、一人で縮こまってゲームをしているのではなく、l家族で、あるいは友人と楽しみながらゲームをするならいい、と思って、ボードゲームを買ったのだ。そうしたら結構、これが面白くて、子どもはパズドラのことなどわすれて、人生ゲームをパパとやりだした。

こりゃいいぞ、と思い、先週モノポリーを買ったんだよね。モノポリーは僕が子どもの頃、家にあったもので、“ハイカラ”趣味の僕の母は、人生ゲームは絶対買わずに、モノポリーだけを買ってくれたのだ。(その反動で、僕は人生ゲームから買ったわけ)。ところがですね。

モノポリーめちゃくちゃ面白い!!!

人生ゲームは、もう誰もやらない。我が家はモノポリーブームです。今日もやったのですが、4つの鉄道を押さえ鉄道王となった僕が1番でした。

IMG_1436.jpg

↓今の駒。
IMG_1450.jpg

僕が小さい頃に持っていたのは、ジョッキーがいたんだよね。なんでいなくなったんだろう。最近のニュースで、モノポリーの駒で不人気のアイロンがいなくなって、今度猫がはいるそうだ。僕はこの前伊トーヨーカドーで買ったものはまだアイロンでした。猫だけ、ヤフオクとかで買えないかな・・・。ていうかジョッキー欲しい。

昨日モノポリーをやったとき、僕はボードウォークのところを買って、家をちゃくちゃくと建ててたんですよ。あと、オレンジのところで4軒ぐらいずつたててた。そうしたら子どもが二回連続僕のところにとまって、大枚とられるものだから、もう涙浮かべて悔しがって、悲しんでるものだから、「わかったよ。ほらパパの青のボードウォークとかここあげるから。お前に。それにこのオレンジのところも家2軒ずつにするよ」とした。子どもはさっきまで泣いてたくせに急に元気になって、はりきりだした。結局、子どもが1番で、僕は2番。「なんだよ。正当な方法で、こつこつ家たててたのに・・・」とぶつぶつ思ったがよくよく考えれば、モノポリーの醍醐味は交渉。8歳の子どもが泣いて、同情を買って、パパから一等地の家をただでせしめるというのも立派な交渉術ではないか、と思い、感心した。


ライダーマンと南アフリカ [子ども Kid]

またこどもが面白いことを言ったので。

お風呂に入って、クイズをだしてあげた。
「1号ライダーと2号ライダーの次のライダーはだーれだ」
「ぶいすりー!」
「正解。じゃぁ4人目のライダーはだーれだ」
「???だれ?」
「ライダーマンでした」
「ライダーマンってどういうの?」
「右手が武器になってて、顔が半分でてるやつ」
「あぁ・・・あれね。ライダーマンってみなみアフリカに似てる」
「???」

グーグルで画像検索したら、ほんとだ。ライダーマンは南アフリカだった。

アルジェリア 熊 [子ども Kid]

子どもというのは先入観がないから、ときたま面白いことを言う。大人では思いつかないことを、さらっと言うので面白い。

子どもが国旗とかに興味を持ったので、小さな地球儀を買ってあげた。地球儀上でアルジェリアを見つけた子どもが

「アルジェリアって熊の形をしている」と言った。どれと思ってみてみると、本当に熊に見える。

↓外務省のアルジェリアのページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/algeria/index.html

もしかしたらイタリアが長靴に見えるとかいう話も、もとはと言えば、大昔にどこかの子どもが最初に言ったことなのかもしれない。

自転車 [子ども Kid]

今日、子供に自転車を買ってあげた。無印良品の子ども用16型の補助輪付き。保育園の友達がすでに同じものを乗り回しているので、さもしいが、遅れをとってはいかんと、買ってあげたのだ。うちの子は三輪車も乗ったことがないので(売り物の三輪車をちょっと乗って遊んだことはあるけど)、なかなか苦戦している。

けど自転車にのっては、ジャングルジムの方に行ったり、それが終わるとまた自転車にのって、ブランコの方にいったりと、ちょっと楽しそうだ。

ウルトラマン VOL1 [子ども Kid]

ウルトラマンのDVDが1800円で発売されだしたので、いっぱい買ってます。別に子どもに見せたかったわけではないのに、うちの子はすっかりウルトラマンに夢中になってしまった。

でも本当にウルトラマンは面白いんだよね。30分に満たない番組なのに、まるで2時間の映画を観たようなスケールの大きさがある。

第1巻は、ベムラー、バルタン星人、ネロンガ、ラゴン

ベムラーってなんだが特徴なくて、あんまりインパクトがないんだけど、ウルトラマンいわく、凶悪らしい。で、ウルトラマンってなんでハヤタと一心同体になったのかと言えば、ベムラーが地球に逃げてそれを追いかけていたら、ハヤタのビートルとぶつかっちゃったんだよね。それでハヤタに悪いことしたから、一心同体になったというわけだ。なんだかこれではど根性ガエルとそんなにかわんないぞ。

子どもがよく見ているのはバルタン星人。この中でもバルタン星人が一番面白いな。特撮もよくできている。夜の街の雰囲気も素晴らしい。バルタン星人はこの初回でハサミとかを壊しちゃったから、2代目バルタンは作り直したんだろうね。でも初代バルタン星人が一番かっこいい。

ネロンガもなかなかおもしろい。電気を食べると体が見えるっていうコンセプトが面白いな。あと顔つきも怪獣らしくて立派だ。

ラゴンは子どもがちょっと怖がるのであんまり見ていない。


ウルトラマン Vol.1 [DVD]

ウルトラマン Vol.1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



前の20件 | - 子ども Kid ブログトップ